09-26.革職人

ものづくりに関わる仕事がしたい

牛やワニなど動物の皮革(ひかく)を加工して、財布やバッグなどの革製品を作る仕事です。最近では日本の熟練した職人が作る製品が世界で高い評価を得ています。皮革には実に様々な種類があります。例えば、牛革は牛の年齢によって質感が異なり、風合いや耐水性、堅さや柔らかさなどによって色々な用途に分かれます。

革職人になるためには、皮革の加工品を製作している会社や工房に就職するのが一般的です。皮革の加工を教える専門学校や教室で基礎の技能を学んでから就職する方法もあります。

一人前になるためには長い修業期間が必要です。修業後に独立し、個人でお店を経営する人もいます。その場合は、材料の仕入れや、商品の販売ルートを開拓するような経営の能力も必要です。革職人の中には、ブランドメーカーにその技能を認められて海外で活躍している人もいます。トレンドをつかむ能力や独自のカラーを出すデザイン力も重要です。

革製品は、大事に使うと世代を超えて使用することができます。修繕の技術も、革職人の腕の見せどころです。

POINT

  • 動物の皮革を加工して革製品を作る
  • 一人前になるためには長い修業期間が必要
  • デザイン力を磨いて海外へ進出する人もいる

ものづくりに関わる仕事がしたい一覧に戻る

PAGETOP