09-32.マーチャンダイザー

ものづくりに関わる仕事がしたい

百貨店やアパレルメーカーなどで市場動向を調査し、商品企画から販売の計画まで、商品開発計画の全体を取り仕切る仕事です。

マーチャンダイザーになるためには、アパレルメーカーの販売促進部門や百貨店の商品開発部門などの採用試験に合格する必要があります。しかし、採用されてからすぐにできる仕事ではありません。販売員や商品管理・仕入れなど、様々な角度から商品の知識を蓄積し、マーチャンダイザーを目指します。

世の中のトレンドに敏感であることが、最も必要とされる資質です。購買動向などのデータを見る機会も多いので、資料から動向を読み取る分析力も必要でしょう。また、トレンドを商品にすばやく取り入れることのできる行動力も必要になります。

マーチャンダイザーになるために特に必要な資格はありませんが、流通に関する知識・経済学・商学・マーケティングを学んでおくとよいでしょう。

POINT

  • 商品開発計画の全体を取り仕切る
  • 様々な角度からの商品知識が必要
  • トレンドから商品化を実現する行動力が大切

ものづくりに関わる仕事がしたい一覧に戻る

PAGETOP