09-44.印刷技術者

ものづくりに関わる仕事がしたい

印刷所で印刷機械を操作して、印刷物を製造する仕事です。印刷機械のクセや紙質・温度や湿度・インクの種類や配合・分量などで印刷物の品質は左右されます。このような諸条件を頭に入れ、印刷技術者は目的に合った印刷をしていきます。おもな印刷物はポスターや書籍・パッケージですが、最近は様々なものに印刷を求められることも多く、最新技術を習得しておくことも必要です。印刷技術者になるために必要な資格はありませんが、印刷会社に就職して経験を積むのが一般的です。根気よくイメージする印刷に近づける、印刷機械と日々向き合う地道な作業が続きます。長年の実務経験が必要な仕事です。また、日頃の印刷機械のメンテナンスも重要な仕事です。日本は世界有数の印刷技術を持っています。技能があれば、海外でも活躍できる仕事といえるでしょう。一方で、紙を使用しないデジタル化の流れが加速している中で、これまでの印刷技術のノウハウを活かしつつ、新たなビジネスの開拓も求められています。

POINT

  • 印刷機を操作して、印刷物を製造する
  • 印刷機械の保守や管理も行う
  • 日本は世界有数の印刷技術を持っている

ものづくりに関わる仕事がしたい一覧に戻る

PAGETOP