01-37.福祉住環境コーディネーター

人の役に立つ仕事がしたい

高齢者や障がい者に、住みやすい住環境についてアドバイスする仕事です。体に不自由がある場合、家の中の段差や急な階段をなくし、手すりなどをつけることにより生活がしやすくなります。福祉住環境コーディネーターは、体に不自由があっても生活しやすい家にリフォームする際に、建築士などと一緒にリフォームのプランを考え、提案する職業です。

介護保険制度を利用した住宅改修の場合は、ケアマネージャーとも連携し、保険制度に関する説明をします。また、住宅に設置する介護用品や家具の選び方・使い方についてのアドバイスもします。このように、福祉住環境コーディネーターは高齢者や障がい者が住宅を住みやすくリフォームする際に建築・介護保険制度・福祉用具などそれぞれの専門分野をつなぐ役割を果たします。

福祉住環境コーディネーターは東京商工会議所が認定している民間資格です。1級から3級まであり、受験資格はありません。多くの場合、建築士や福祉用具専門相談員などが資格を取得しリフォームの現場などで活躍しています。

POINT

  • 住宅リフォームのアドバイスをし、建築や保険制度などの専門分野をつなぐ役割を果たす
  • 東京商工会議所が認定している民間資格

人の役に立つ仕事がしたい一覧に戻る

PAGETOP