09-54.レコーディングディレクター

ものづくりに関わる仕事がしたい

音楽作品を総合的にまとめあげ、楽曲のクオリティに責任を持つ仕事です。歌手や曲の選定はもちろん、楽器や録音技術など音楽に関する深い知識が必要です。また、優秀な演奏者やスタッフとの人脈や会社内の企画のプレゼンテーションなど、コミュニケーション能力が重要です。

レコーディングディレクターになるためには、音楽大学や専門学校を卒業後、レコード会社や音楽制作会社に就職するのが一般的です。

ただし、人気の職業なので狭き門です。就職できたとしても、あらゆる観点から音楽制作の現場を経験してからディレクターの仕事を任されることが多く、どれだけ音楽と触れ合い、知識や技能があるかがものをいう世界です。なお、歌手やバンドを兼務するディレクターも多くいます。

その他にも、レコーディングディレクターには新人発掘や育成など歌手を育てる役割もあります。常に音楽と、それを取り巻く環境やマーケットに対してアンテナを張る情報収集力も大切な資質の1つといえるでしょう。

POINT

  • 楽曲のクオリティに責任を持ち、音楽作品をまとめあげる
  • レコード会社や音楽制作会社に就職する

ものづくりに関わる仕事がしたい一覧に戻る

PAGETOP