10-07.パタンナー

おしゃれに関わる仕事がしたい

ファッションデザイナーが描いたデザイン画をもとに、服の型紙をパーツごとに起こしていく仕事です。

デザイナーの意図をくみ取る能力や着心地の良さ、美しい服のフォルムなどを考えながら型紙を作り出すことのできる、非常に高い技能が求められる仕事です。

また、デザイナーと協力して作業を進め、地道に腕を磨き続けながらファッションを陰で支える、職人気質の人が向いている仕事といえるでしょう。

パタンナーになるためには被服系の専門学校などで服づくりの基礎を学び、デザイン事務所や洋服メーカーに就職するのが一般的です。パタンナーになるための必須資格はありませんが「パターンメーキング技術検定試験」という資格が設けられています。パタンナーになるためには2~3級を取得しておけば有利でしょう。

腕のいいパタンナーはファッション業界で引く手あまたです。独立してフリーランスとして働く人や海外の有名ブランドで働く人もいます。

POINT

  • 服の総合的なデザインを決める重要な仕事
  • 地道に作業を続ける職人気質の人向き
  • 取得すると有利な資格・免許あり

おしゃれに関わる仕事がしたい一覧に戻る

PAGETOP