10-23.着付け師

おしゃれに関わる仕事がしたい

結婚式や卒業式などの冠婚葬祭や、時代劇などの撮影現場で着物の着用を手助けする職業です。様々な場面に応じて、着物の色や柄・帯・小物の組み合わせを考えるのも着付け師の仕事です。最近では、若い女性や海外の人にも着物の良さが再発見され、着付け師の技能が求められる場面が多くなっています。

着付け師に必要な技能は、着物を着付ける確かな技術です。着付けに関する基本的な知識や技術を学び、「きものコンサルタント一般認定試験」など民間の認定資格を取得するのが一般的です。女性が多い職業ですが、男性の着付け師も活躍しています。

呉服店や結婚式場・美容院・写真館など就職先は様々です。美容師の資格を活用し、和の装いを演出する人も多くいます。また、着付け教室やカルチャー教室・専門学校などの講師をしている人や、自宅で着付け教室を開いて、フリーランスで活動する人もいます。確かなスキルと経験が求められる仕事といえるでしょう。

POINT

  • 着物の着用を手助けする
  • 「きものコンサルタント一般認定試験」の資格を取得する
  • 美容師などの資格も活用して活動する人も多い

おしゃれに関わる仕事がしたい一覧に戻る

PAGETOP