10-26.メイクアップアーティスト

おしゃれに関わる仕事がしたい

化粧の技術を用いてモデルや俳優などの顔をその時々の要望に合う雰囲気に整える仕事です。舞台やテレビなどで活躍するメイクアップアーティストだけでなく、結婚式を行うホテルや化粧品を販売するデパートなどで活躍する人もいます。中には映画の特殊メイクを専門にする人もいます。

化粧品や服飾などの知識から、皮膚や骨格などに関する専門的な知識が必要になります。メイクを円滑に行うために、相手をリラックスさせるコミュニケーション能力も必要です。

メイクアップアーティストになるために、特に必要な資格はありません。美容関係の専門学校で基礎的な知識や技能を学んだあとに、実践の場でアシスタントをして実務経験を積むのが一般的です。スケジュールによっては、早朝から深夜まで長時間にわたって働いたり、メイク道具など重い荷物の移動も行ったりするため、体力も気力も必要な職業です。技能を積んだメイクアップアーティストの中には、フリーランスとして働く人も多く、俳優など特定の人物や団体の専属になる人もいます。

POINT

  • 化粧を用いて顔立ちを整える
  • アシスタント時代は体力と気力が必要
  • 相手を和ませるコミュニケーション能力も必要

おしゃれに関わる仕事がしたい一覧に戻る

PAGETOP