10-27.ビューティーアドバイザー

おしゃれに関わる仕事がしたい

化粧品店やデパートなどで化粧や肌の手入れについてアドバイスを行いながら、化粧品を販売する仕事で「美容部員」とも呼ばれています。得意客の家々を回り、化粧品を販売する経験豊かなビューティーアドバイザーもいます。

ビューティーアドバイザーに最も必要な技能は相手の要望をくみ取る会話術です。自分に合った化粧品や肌の手入れの方法は、女性にとって重要な情報であり、かつ人それぞれ異なります。様々な悩みや相談に的確に答えることにより、信頼が生まれ、商売が成り立つ職業といえるでしょう。化粧品の知識はもとより、様々な話題を提供できるコミュニケーション能力も必要な資質です。

ビューティーアドバイザーになるために、特に必要な資格はありませんが、自分の取り扱う化粧品について深い知識が必要です。化粧品メーカー・デパート・ドラッグストアなどに就職し、販売コーナーで経験を積むのが一般的です。

POINT

  • 化粧品全般のアドバイスと販売を行う
  • 店頭販売と訪問販売の業務形態に大別できる
  • 相手の要望をくみ取る能力が大切

おしゃれに関わる仕事がしたい一覧に戻る

PAGETOP