11-04.映画監督

メディアに関わる仕事がしたい

こんな人に
オススメ!
  • 映画が好きな人
  • リーダーシップがとれる人
  • ゴールをイメージし、物事の全体を見渡せる人

1.映画監督の仕事とは?

映画制作においてその工程から完成品についてのすべての責任を担う仕事です。企画段階では作品の方向性を会議で練り上げ、キャスティングや衣装の選定、撮影部や美術部・録音部との打ち合わせなど撮影前の準備やスタッフの仕事の指揮・判断も監督の仕事です。また、自分で脚本を執筆する場合もあります。

撮影時には、監督が作ったセリフやカメラアングルがわかる「絵コンテ」と呼ばれるイメージ図をもとに、監督の補佐をする助監督と協同で現場を指揮します。現場での俳優への演技指導、撮影部・録音部が収録した素材のOK/NGの判断をします。

撮影された素材を作品に仕上げるのも監督の仕事です。映像編集者や音響編集者と協力しながら編集作業を進めます。現在ではコンピュータグラフィックス(CG)を使用することも多いので、映像の合成作業の管轄も重要な仕事となっています。完成後の宣伝活動も大切な仕事です。

2.映画監督の役割・資質とは?

映画監督には、映画制作の工程の全般を見渡せる能力が必要です。スタッフは個々の部門では力を尽くしますが、映画監督はさらに映画の完成品をイメージしなければなりません。そのためには、自分の完成品へのイメージにもとづいてスタッフを動かすリーダーシップが必要です。また、カメラや美術セットなど映画全般の技術的な知識がないと、あらゆる部署のスタッフに指示を出せません。このような知識を持ち合わせたうえで、スタッフとイメージを共有するコミュニケーション能力が必要になります。

自分の才能を信じ続ける気持ちも大切です。商業映画を制作できる映画監督は、ほんのひと握りの人たちです。映画監督の夢に向かって、様々な分野で映画業界に関わっている人がいます。

何よりも大事なことは、映画が好きであるということです。職業として映画を制作していても、一映画ファンとして映画を楽しめる気持ちが必要です。

最近では、小説家やタレントなども映画監督として活躍することがあります。そんな中で、映画監督としてチャンスが来ることを信じて、地道に脚本を執筆することや、自主映画づくりに取り組む努力が必要です。

3.映画監督になるためには?

映画監督になるためには、様々な媒体の映像制作会社に就職するのが一般的です。映像系の大学や専門学校などで学んだあと、映画制作プロダクションやテレビ番組制作会社、CMプロダクションなどで映像制作の現場をふみながら、映画監督を目指します。

まずは現場で、監督のアシスタントとして働く助監督という立場で監督の補佐をしながら実務を覚えていきます。かつては、映画制作会社が助監督を直接採用して映画監督を育成していましたが、今ではそのシステムはありません。

また、映画祭でのコンテストなどで入賞し、そのまま映画監督としてのキャリアをスタートする人もいます。さらに、ジャンルごとにも監督になる様々な道があります。アニメの映画監督を目指すなら、アニメーションの制作プロダクションでアニメ独特の演出技術を学びながら監督を目指します。ドキュメンタリー映画の監督であれば、自らカメラを回して取材対象に密着して素材を撮り、制作を行う映画監督もいます。

POINT

  • スタッフを取りまとめて映画の制作を行う
  • 映画制作のすべての判断を任される仕事
  • 映像制作会社に就職して映画監督を目指すのが一般的

関連情報

日本映画監督協会 HP

映画や映像分野の発展と監督の地位向上を目的とした協会。毎年「日本映画監督協会新人賞」を選定している

オススメの1冊

『一人でもできる映画の撮り方』

(西村雄一郎著/洋泉社)

撮影テクニックからパソコンを使った編集方法など、映画全般の作業を解説したマニュアル

映画監督のギャラは、ハリウッドなどの有名監督だと億単位の場合も

メディアに関わる仕事がしたい一覧に戻る

PAGETOP