11-06.ラジオパーソナリティー

メディアに関わる仕事がしたい

ラジオ番組の進行を行う司会者の仕事です。音楽番組ではDJと呼ぶこともあります。キャスターやアナウンサーと同じように、聞き手にわかりやすい話し方が求められます。また、個性的な声・話の内容・選曲のセンスなども重要です。

ラジオでは、話の内容や表現の豊かさがリスナーの心をつかみます。日頃から読書や音楽鑑賞などを行い、知識を深めたり表現の研究を行ったりするとよいでしょう。何よりもラジオという媒体が好きな人に向いている職業といえます。

タレントやキャスターなどがラジオパーソナリティーを務めることもありますが、ラジオに愛着を持ち、ラジオパーソナリティー専門で活動している人も多くいます。

ラジオパーソナリティーになるためには、アナウンスの専門学校などで発声の基礎を学び、オーディションを受ける道もあります。ラジオパーソナリティーが所属している芸能事務所に入ることも近道です。めったにありませんが、放送局でパーソナリティーを公募することもあります。こまめにホームページなどの情報を確認するとよいでしょう。

POINT

  • ラジオ番組の進行を行う
  • 日頃から知識を深め、表現の研究を行うとよい
  • ラジオが好きな人に向いている

メディアに関わる仕事がしたい一覧に戻る

PAGETOP