11-08.海外特派員

メディアに関わる仕事がしたい

新聞社や放送局に勤務し、海外にある支局から現地のニュースを日本へ送る仕事です。年単位で海外に在住するため、現地の人と十分にコミュニケーションできるだけの語学力が必要です。積極的に人と触れ合うことができる社交性や好奇心も必要な資質といえるでしょう。また、現地でのスタッフの採用や、現地事情にふみ込んだ取材など、プロジェクトの指揮を執れるリーダーシップも重要です。

気候風土が日本と異なり、時差のある国や地域での活動も珍しくありません。体力と強い精神力が必要な職業です。

新聞社や放送局の国際部や報道部に配属されることが海外特派員となる第一歩になりますが、募集人員は少なく狭き門になります。新人のうちは発展途上国を経験し、経験を積むと中国やヨーロッパ諸国など世界の動きに大きく関係する国に派遣されて業務を行うことになります。

日本に帰ると管理職に進む場合が多いので、現場での活動を望む人の中にはフリーのジャーナリストに転身する人もいます。

POINT

  • 放送局などの海外支局から自国に現地情報を送る
  • 語学力やコミュニケーション能力が必要
  • 過酷な環境に耐え得る体力と精神力が必要

メディアに関わる仕事がしたい一覧に戻る

PAGETOP