11-10.プロデューサー

メディアに関わる仕事がしたい

テレビやラジオ番組の企画立案や出演者の選定、制作資金の調達など、番組全般の責任を担う仕事です。芸能プロダクションやスポンサー会社などとの対外的で細かな交渉事が多い仕事であるため、コミュニケーション能力や調整能力が必要です。また、番組制作の責任者として、ディレクターをはじめ現場のスタッフや出演者などを引っ張っていくリーダーシップも重要です。

深夜まで、会議や番組制作などが続くため、体力的にも精神的にもタフな人材が求められます。また、そのような環境の中でも、常に楽しいことを追い求める好奇心を失わず、良質な番組を視聴者に提供する努力を惜しまない姿勢が求められる仕事です。また、新しいことにチャレンジしようとする前向きな気持ちを持ち続けることが大切です。

大学やマスコミ系の専門学校を卒業後に、テレビやラジオ局、番組制作会社に就職し、ディレクターやアシスタントプロデューサーから実務経験を積むのが一般的です。テレビやラジオ局への就職は募集人員の少ない狭き門です。

POINT

  • テレビやラジオ番組の制作責任者
  • スタッフや出演者をまとめるリーダーシップが必要
  • 忙しさの中でも好奇心を失わないことが大切

メディアに関わる仕事がしたい一覧に戻る

PAGETOP