11-12.ディレクター

メディアに関わる仕事がしたい

テレビやラジオの番組制作の責任を担う仕事です。番組全体を統括するプロデューサーとは異なり、担当する番組やコーナーのクオリティに力を注ぐ仕事です。

映像系の大学や専門学校で学んだあと、テレビ局や番組制作会社に就職し、アシスタントディレクター(AD)として番組制作の実務を積んでいきます。特にADの仕事は、番組制作の下働きをするポジションとされ、睡眠が取れないほどの重労働です。この実務経験を積んだあとに晴れてディレクターとしてのスタート地点に立つことができます。下積みを乗り越えられる体力や精神力と共に、好奇心と面白いことを追い求める情熱が大切です。

テレビ局に就職してディレクターになるためには、難関であるテレビ局への採用試験に合格し、制作部で経験を積みます。番組制作会社では、学生時代からのアルバイトからADを経て、ディレクターになる人もいます。現在は多くの番組を番組制作会社が作っています。ディレクター志望であれば制作会社で経験を積むのが近道といえるでしょう。

POINT

  • テレビやラジオの番組制作の責任者
  • 体力と精神力・好奇心が大切
  • 実務経験を積むことで腕を磨く

メディアに関わる仕事がしたい一覧に戻る

PAGETOP