11-19.雑誌記者

メディアに関わる仕事がしたい

雑誌の記事に合うテーマを探し、取材を行って記事を執筆する仕事です。雑誌は「旬の情報」を提供するための媒体です。週刊誌などの雑誌記者は、旬の情報を求めて昼夜問わず取材対象を追うこともあります。

旬な情報を手に入れるための情報収集能力や時代の流れを読む力と共に、取材したテーマを読者が目を引くように記事に仕上げる文章力も雑誌記者には求められます。それも、ただ文章力があるだけではなく、情報の旬が失われない、限られた時間の中で魅力ある文章を執筆する力が求められます。また、好奇心が旺盛で新しいことを見つけられるだけではなく、例えば資料の下調べや事実確認など、テーマをもとに記事を作り上げるための地道な作業も必要となります。正確な情報を提供することは最優先事項です。

雑誌記者になるためには、大学卒業後に出版社の雑誌編集部に就職する方法が一般的ですが、出版社の採用は狭き門です。雑誌記者の中には出版社と個別に契約を結び、フリーランスの雑誌記者として活動している人も多くいます。

POINT

  • 取材を行い、旬の情報を記事に仕上げる
  • 時代の流れを読む力と、文章力が求められる
  • 出版社の雑誌編集部に就職する

メディアに関わる仕事がしたい一覧に戻る

PAGETOP