11-24.映画配給・宣伝スタッフ

メディアに関わる仕事がしたい

海外や国内で制作された映画作品を買いつけて、映画を上映する映画館を確保して配給し、ロードショー決定やDVD化の際はマスコミに宣伝活動も行う仕事です。

映画を買いつけることの中には、映画館での上映権やDVD化の権利・テレビ放送権の獲得なども含まれています。海外から作品を買いつけるときは、交渉を有利に進める語学力や交渉術が必要です。また宣伝活動の仕事では、雑誌や新聞・テレビなどマスコミへの広告や告知活動の手配、制作発表や完成試写会などの準備、来日した海外の監督や俳優の宿泊・観光手配を行うこともあります。

映画配給・宣伝スタッフの仕事は、海外や国内の映画制作会社やマスコミなどの幅広い人脈の上で成り立っています。社交的で映画好きの人に向いているでしょう。

映画配給・宣伝スタッフになるために、特に必要な資格はありません。映画配給会社に就職して、実務経験を積むのが一般的です。最近注目されているインドや韓国などのアジア諸国の映画を取り扱える語学力があると有利かもしれません。

POINT

  • 映画を多くの人に観てもらうための職業
  • 国内外の映画界やマスコミ界での人脈づくりが必要
  • 映画配給会社に就職して実務経験を積む

メディアに関わる仕事がしたい一覧に戻る

PAGETOP