11-26.CMプランナー

メディアに関わる仕事がしたい

企業などの依頼主の要望に応じて、CMの企画を立てる仕事です。プランナーはCMのテーマの方向性を決定し、「絵コンテ」と呼ばれるイメージ画やストーリーを作成し、依頼主に内容を理解してもらうためにプレゼンテーションを行います。CMに起用するタレントなどの選定も依頼主と共に行います。プランナーの中には、撮影も取り仕切るCMディレクターを兼務する人もいます。

CMプランナーになるためには、映像系の大学や専門学校などを卒業したあとにCM制作会社や広告代理店の制作部門に就職する方法が一般的です。人気の高い職業なので狭き門です。会社の中には4年制大学卒業以上を採用基準にしているところもあります。限られた短い時間内で視聴者に効果的に訴えかけるCMづくりと、企画を通し具現化するためのプレゼンテーション能力が必要です。また、映像作品の側面からも高いクオリティが求められるので、視聴者が求めるものに敏感であることも問われます。実務経験を積んだCMプランナーには、フリーランスで活動する人も多くいます。

POINT

  • 依頼を受けてCMの企画を立てる
  • 企画を通すプレゼンテーション能力が重要
  • CM制作会社や広告代理店の制作部門に就職する

メディアに関わる仕事がしたい一覧に戻る

PAGETOP