12-16.スタントマン

個性や特技を活かした仕事がしたい

映画やドラマの乱闘シーンやカーチェイスなど、身体に危険が及ぶシーンで演技する仕事です。俳優にかわって演技をし、カンフー映画などでの拳法が得意なスタントマンや自動車を使ったカースタントを得意とするスタントマンなど得意分野が決まっている職業です。

スタントマンには危険なシーンでも安全を計算に入れながら演技をすることのできる、卓越した運動能力が必要になります。その反面、実際の危険な場面より、演技によって一層迫力あるシーンに仕上げなくてはいけません。スタントマン独自の演技力も大切な要素です。

スタントマンになるためには、アクションタレントの養成所で基礎的な技能を積んで、事務所に所属するのが一般的です。有名なスタントマンに弟子入りして、実際の現場で経験を積みながら技能を磨く道もあります。

アメリカでは、映画などのスタントマンは高度な技術を持ち、スタントマン専属の会社も確立されています。海外にスタントマンの道を求めるのも1つの方法です。

POINT

  • 映画やドラマの危険なシーンの演技を担当する
  • 卓越した運動神経とスタントの高い演技力が必要
  • 海外の高度なスタント技術を学ぶのも道の1つ

個性や特技を活かした仕事がしたい一覧に戻る

PAGETOP