12-27.マジシャン

個性や特技を活かした仕事がしたい

手品を観客の前で披露する仕事です。飲食店からイベント、テレビ番組まで様々な場所で活動します。手品の種類もコインを使用する小規模なものから、爆破脱出など大掛かりなものまであります。

習得するマジックには、師匠や考案者の使用許可が必要です。最新のマジック情報にも長けていなくてはいけません。手先の器用さはもとより、マジックの技術や話術もオリジナリティーのあるマジックを披露するために必要な要素として、日々磨いていかなくてはなりません。

マジシャンになるためには、自分が目標とするマジシャンに弟子入りし、アシスタントとして出発するのが一般的です。自分で弟子入りを頼み込む熱意が必要です。大学のマジック研究会などで学んだり、独力で技術を磨き、プロになる人もいます。

仕事は、プロダクションに所属してイベントなどに派遣されることがほとんどです。また、マジック用品の実演販売もあわせて行うマジシャンもいます。

POINT

  • 観客の前で様々な手品を披露する
  • オリジナリティーのある手品の技術や話術を磨く
  • マジシャンに弟子入りして助手として経験を積む

個性や特技を活かした仕事がしたい一覧に戻る

PAGETOP