12-28.花火師

個性や特技を活かした仕事がしたい

おもに打ち上げ花火を製造し、花火を打ち上げる仕事です。打ち上げ花火の火薬玉は手づくりです。製品として扱われる火薬玉を作るには10年以上の修業が必要とされる職人の世界です。

花火職人になるためには、花火の製造会社に就職することが一般的です。しかし、花火の製造会社は家族経営などの小規模なものが多く、募集はあまりありません。自分から会社に連絡するなど積極的な就職活動が必要です。

冬場に花火を製造し、イベントや祭りが集中する夏場に各地で打ち上げを行います。会場の下見や規模、打ち上げ位置など、開催者との事前の打ち合わせも花火師の重要な仕事の1つです。

花火の製造に関しては「火薬類製造保安責任者」の資格が、打ち上げを行う際は「煙火消費保安手帳」が必要です。なお、資格取得は、花火関係の仕事に従事している人に限られます。また、「火薬類取扱保安責任者」の資格があるとよいでしょう。最近では女性の花火師も活躍しています。

POINT

  • 打ち上げ花火の製造と打ち上げを行う
  • 花火の製造には、長い修業期間が必要
  • 取得すると有利な資格・免許あり

個性や特技を活かした仕事がしたい一覧に戻る

PAGETOP