学芸員

歴史的遺産や芸術作品の研究を通じて、知識を広く発信する仕事

美術、演劇に関する仕事

こんな人に
オススメ!
  • 物事を深く追究するのが好きな人
  • ものを集めるのが好きな人
  • ものを大切に扱える人

1.学芸員の仕事とは?

学芸員とは、博物館や美術館などで、資料※の収集・保管・展示・調査・研究など、専門的な業務を行う職員のことです。「キュレーター」と呼ばれることもあります。

博物館や美術館には、たくさんの資料(作品)が展示されている他、展示する資料以外の所蔵品もたくさんあります。学芸員は、勤めている施設にふさわしい資料の情報を集め、重要なものであれば収集します。そのうえで、分析や研究を行ったり、どのように展示すればいいかを考えたりしながら資料の保管・管理に努めます。

貴重な資料を破損したり、紛失したりすることがないように、取り扱いは慎重に行わなければなりません。また、所蔵品を他の施設で行われる展覧会などに貸し出すこともあります。その際には他の施設との打ち合わせや所蔵品の運搬・展示に立ち会うこともあります。

さらに、定期的に行われる展覧会(企画展)の企画・運営も大事な仕事です。企画を立て、どんな資料を集めて展示を行うかを考えます。また、一般の人を対象に行うワークショップなどのイベントを行うのも仕事の1つです。

 

*歴史研究の材料となるものは「史料」ともいいます。

2.学芸員の役割・資質とは?

博物館や美術館などは写真・絵画・歴史・文学に関するものなど施設によって扱う専門分野が異なります。学芸員に必要なのは、その専門分野に関する深い知識です。自分の興味のある分野について情報を集め、知識を深めておきましょう。「写真が好き」「○○の絵が好き」「古銭を集めるのが好き」など、何か1つのことに興味を持って、深く追究していくことは、学芸員の仕事に通じるものがあります。普段から博物館や美術館に出かけ、作品や資料を観ておくことも将来につながる良い経験となります。

また、普段は目にすることのできない貴重な資料を間近で見たり触れたりすることができるのが学芸員の魅力でもあります(もちろん、その際は手袋とマスクが必須です)。

展覧会の企画など自分がやってきた研究や仕事が展示という目に見える形で表現でき、観覧者の反応という評価を得られるのも、喜びを感じる瞬間だといえるでしょう。

3.学芸員になるためには?

学芸員資格は「博物館法」という法律にもとづいた国家資格です。ひとことで博物館や美術館といっても、それらは博物館法の適用を受けた「登録博物館」、博物館法の適用を受けないものの一定の基準を満たした「博物館相当施設」、それら以外の「博物館類似施設」に分類されています。

ここでいう博物館には、博物館や美術館の他、水族館・動物園・科学館・天文台なども含まれます。登録博物館や博物館相当施設では、学芸員資格を持った学芸員を一定数以上おかなければなりません。中には資格を持たない学芸員もいますが、基本的に資格を持っているか、就職までに資格を取る見込みがないと採用されない場合がほとんどです。また、大学院修了を採用条件としている施設もたくさんあります。

学芸員の資格を得るには、大学や短大などで博物館に関する科目を履修して単位を修得するか、学芸員資格認定試験に合格する必要があります。また、大学に2年以上在籍し、博物館に関する科目を含む62単位以上を修得したうえで、学芸員補(学芸員をサポートする仕事)を3年以上務めていれば、学芸員の資格を取得できます。

資格取得後は、希望する施設の学芸員採用試験を受験します。公立の施設の場合は、公務員試験に合格しなければならない場合もあります。

POINT

  • 博物館・美術館・水族館など幅広いフィールドで活躍する
  • 自分の興味・専門を追究できる
  • 取得すると有利な資格・免許あり

関連情報

学芸員について(文部科学省) HP

学芸員資格の取得方法などを掲載している。その他、各自治体のホームページにも、学芸員の募集についてのページがあるので参考にするとよい

オススメの1冊

『ミュゼオロジー入門』

(岡部あおみ他著/武蔵野美術大学出版局)

美術館の実践活動から、ミュゼオロジー(博物館や美術館に関する学問)の方法論を探った1冊

近年、学芸員の資格取得について法改正の動きがある。最新の情報をチェックしておこう!

INTERVIEW

現役の学芸員に聞きました

東京都写真美術館 学芸員

藤村 里美さん

PROFILE

ふじむら さとみ
多摩美術大学 美術学部芸術学科卒業

 東京都写真美術館の藤村さんは、中学生のときに写真部に在籍していたほどの写真好きで、高校生の頃から学芸員になりたいと思っていたそうです。
 展覧会の準備などで忙しく毎日を過ごしている藤村さんに、学芸員の仕事についてうかがいました。

1

お仕事の内容は?

 私の仕事の1つに、展覧会の企画と運営があります。当館が行う展覧会は年に20本くらいあり、そのうち当館が主催するものは14本くらい、私が担当するのは2本ほどです。3年前から企画を決める会議を行い、実際に準備に入るのが1年くらい前ですから、常に2〜3本の企画を抱えていることになります。
 展覧会の準備は、まず作品集めから始めます。当館の所蔵作品以外の作品を集めたりしますから、作家さんや所蔵している別の美術館、画廊などと交渉して、購入したり借りたりします。また、作品集めと並行して、会場のレイアウトを考えます。どのように作品をおけば、観覧者の皆さんに作品の良さが伝わるか、自分の中でストーリーを作っていきます。その他にも、図録(会場で販売する作品の写真集)の制作やポスター・チラシなどのデザインにも携わるなど、展覧会が開催されるまでにやることはたくさんあります。学芸員のことを英語では「キュレーター」と呼びますが、分業化されている海外の美術館と日本の美術館とでは、その位置づけが異なります。日本では「学芸員=雑芸員」といわれるほど仕事の範囲が幅広く、まさに「何でもやる」という感じです。
 展覧会以外にも、当館で所蔵する作品の情報収集は欠かせない仕事です。休みの日には、各地の画廊・美術館・資料館めぐりや、写真集などを観て過ごすことが多いです。仕事とプライベートの区別がつきにくいのですが、好きなことを仕事にしているのであまり苦にはならないですね。

2

このお仕事の醍醐味は?

 展覧会では観覧者の皆さんにアンケートを書いてもらいますが、私の考えたストーリーが皆さんに伝わって、「ここが良かった」「ここが面白かった」と書いてあると、心の中で思わずガッツポーズをします。「この作品のここが素敵」という自分の思いが、うまく伝わるととても嬉しいです。
 また、以前に日本の新進作家の作品を集めた展覧会を、当館の他、フランス・ポルトガル・メキシコでも開催した際には、作品と共に私も海外に出張しました。日本の新進作家の作品を海外の人たちに紹介できたことは、とても嬉しい出来事でした。

3

学芸員を目指す人にアドバイス

 まず学芸員の資格がないと採用試験を受けられない場合が多いので、資格を取得できる学科のある大学を目指しましょう。美術館で働いている人の中には、美術系の大学を目指して高校生の頃に美術を学んでいた人もいます。また、海外の作家さんなどや関係者と交渉することも多いので、英語力も必要です。
 大事なのは、普段から美術館や博物館に行って見聞を広めておくこと。また、周囲の人が理解してくれなくても、自分がハマっていることを何時間でも話していられるくらいの知識と探究心があるといいですね。

ある日の藤村さん

  

9:30

美術館に出勤。朝までに届いたメールに返事を書く

10:00

作品の購入や貸し出しなどの交渉。電話または直接出向いて打ち合わせ

12:00

昼食

13:00

展覧会に使う作品のサイズ測定や制作年などのデータをチェック

15:00

展覧会の企画会議。自ら考えた企画についてプレゼンテーション

17:00

展覧会ポスターの色校正(試し刷り)の確認。写真の色や各データの記載に間違いがないかをチェック

18:30

帰宅。ときには、この時間から図録の原稿を書くことも

美術、演劇に関する仕事一覧に戻る

PAGETOP