12-54.華道家

個性や特技を活かした仕事がしたい

日本の伝統的な芸術技法である華道(生け花)の専門家であり、花を生けたり、その技能を教えたりする仕事です。最近では、「フラワーアーティスト」や「生け花作家」と呼ばれることもあります。華道家は、花器と呼ばれる壺や皿へ、部屋の空間の雰囲気に合わせて季節の草花を美しく生けます。技能を磨いた華道家には、有名ホテルや企業・旅館・料亭などに出向いて花を生ける仕事も依頼されます。

華道には池いけのぼう坊・草そう月げつ流・古こ 流など様々な流派があります。華道家になるためには、それぞれの流派の師範に弟子入りするのが一般的です。弟子入りをして通常5~10年ほど修業を積むと、師範の免状が与えられ、弟子をとって教える立場になれます。また講演会や専門学校で講師として活動することもできます。華道は世界的にも注目を集める日本独自の芸術です。海外での活動の道も開けるかもしれません。

なお、流派によっては専門学校を設けて、専門のコースを卒業することで一定の技能を認めているところもあります。積極的にチャレンジしてみるのもよいでしょう。

POINT

  • 花を生けることで華やかで美しい空間を演出する
  • 修業を積んで師範の免状取得を目指す
  • 流派によってキャリアアップの方法は様々

個性や特技を活かした仕事がしたい一覧に戻る

PAGETOP