12-65.プロサッカー選手

個性や特技を活かした仕事がしたい

日本のプロサッカーリーグJリーグや海外のクラブチームでプレーする選手を指します

プロサッカー選手は、日々のクラブでの練習の他にも、走り込みやウエイトトレーニング、適切な食生活などに留意し、実践する自己管理能力が必要な職業です。サッカーは団体競技であることから、チームメイトや対戦相手が試合中にどのような動きをするかを予測し、試合の戦術をしっかりと理解する思考力や判断力も必要です。

プロサッカー選手になるためには、高い技能を持ち、プロチームの下部組織や高校・大学の強豪サッカー部に所属するのが一般的です。中には、中学卒業後にサッカーが盛んな南アメリカ諸国に海外留学する人もいます。

また、サッカーではプロ野球のようなドラフト会議は開かれておらず、国内外のプロチームはスカウト活動などを通じて選手を自由に獲得しています。よって、スカウト担当者の目にとまるように、大きな大会などでアピールすることも必要とされます。

POINT

  • 国内外のプロサッカーリーグで試合に出場する
  • 日々のトレーニングの積み重ねが大切
  • 自己管理能力が求められる

個性や特技を活かした仕事がしたい一覧に戻る

PAGETOP