12-68.プロ自転車選手

個性や特技を活かした仕事がしたい

プロ自転車選手とは、国内外のレースに参戦する選手を指します。日本の場合は、日本全国で行われている競輪の選手を指すことが多いです

競輪選手になるためには、日本競輪学校に入学することが必要です。実技試験では1000m走の合格ラインが1分10秒と高い身体能力が求められます。2010年からは女子の募集も始まりました。男女いずれも約1年間の全寮制という集団生活の中で厳しいトレーニングを積んでいきます。

晴れてプロの競輪選手としてデビューすると、能力別に6つのクラスに分けられ、それぞれのカテゴリーでレースに出場します。競馬や競艇と違い、動力は自分自身です。身体トレーニング、特に脚力を日々鍛錬します。レースの勝敗には相手との駆け引きも重要な要素になることから、経験豊かな40代になるまで活躍する選手もいます。

海外では公道を使ったレースが盛んです。最近は日本でもファンが増え始め、ヨーロッパのクラブチームに在籍する日本人選手もいます。

POINT

  • 自転車のレースに出場し、賞金獲得を目指す
  • 日本競輪学校に入学してプロデビューを目指す
  • 海外では公道を使った自転車レースが盛ん

個性や特技を活かした仕事がしたい一覧に戻る

PAGETOP