12-80.ジョッキー

個性や特技を活かした仕事がしたい

ジョッキーは、競走馬のオーナーから依頼を受けて、その競走馬の騎手としてレースに出場します。また、トレーニングセンター(馬の調教施設)で、調教師と協力してレースに向けて馬のコンディションを整えるのも大事な仕事の1つです。

ジョッキーの所属先には、日本中央競馬会が運営する中央競馬と、地方自治体が運営する地方競馬(公営競馬)があります

ジョッキーになるためには、日本中央競馬会競馬学校か地方競馬教養センターで勉強し、騎手免許を取得する必要があります。それぞれ受験資格があり、中央競馬では、中学卒業以上20歳未満で身長や体重・視力といった身体に関する各種規定が設けられています。

入学を許可されると、中央競馬会競馬学校では3年間、地方競馬教養センターでは2年間の寮生活を送ります。早朝から乗馬訓練・馬の世話・調教など競馬づけの日々を送ります。卒業後、免許試験に合格することで騎手免許を取得できます

POINT

  • 競馬レースに出場する競走馬に騎乗する
  • 調教師と共に馬のコンディションを整える
  • 養成学校でジョッキーとしての基礎を学ぶ

個性や特技を活かした仕事がしたい一覧に戻る

PAGETOP