12-81.スカウト

個性や特技を活かした仕事がしたい

高校や大学・社会人で活躍する有望なスポーツ選手を発掘し、自分の所属するチームに勧誘する仕事です。サッカーやマラソンなどの選手獲得が仕事ですが、特にプロ野球は新人選手の獲得をドラフトという契約交渉権を振り分ける会議で決定するため、他球団との駆け引きの中で与えられた人材獲得のミッションを果たします。

スカウトになるために必要な資格はありません。選手の才能を見抜く眼と人材発掘への情熱が大きな要素を占めます。したがって、その競技経験者がスカウト業務を担当する場合が多いです。各企業や団体に就職し、スカウト業務に就いた際には、将来有望な選手を見出すために日本全国、場合によっては海外まで足を延ばし、人材発掘のために各地を飛び回ります。機敏な行動力も必要です。

また、有望選手の情報をいち早く入手する情報網や人脈づくりも重要です。現有戦力を考慮しながら、補強すべきポイントを明確にし、スカウト活動を行うチーム全体を考えた経営者的な視点も求められます。

POINT

  • 有望選手を発掘し、所属チームに勧誘する
  • 才能を見抜く眼と人材発掘への情熱を持つ
  • チーム全体を考えた経営者的な視点も必要

個性や特技を活かした仕事がしたい一覧に戻る

PAGETOP