12-86.スポーツジャーナリスト

個性や特技を活かした仕事がしたい

おもにスポーツを題材にした記事を新聞や雑誌・インターネット向けに執筆する仕事です。日本では、プロ野球やサッカーを専門とする人が比較的多いです。

ジャンルを問わず、スポーツ全般への深い知識と共に、選手個人やチームに関するデータや情報の収集・分析能力が必要です。よって、その競技経験者が引退後にスポーツジャーナリストに転身する場合も多いです。有名なスポーツジャーナリストは、オリンピックなどの国際大会でコメンテーターとしてテレビやラジオに出演する機会があります。競技についてわかりやすく、面白く説明する話術も求められます。

ジャーナリストという側面では、読者に対して正確でわかりやすい記事を執筆する文章力も重要です。よって、小説家やライターがスポーツジャーナリストの世界に関わることもあります。

最近では、スポーツジャーナリズムの学科を設けているエディタースクールもあるほどに人気の職業の1つとして注目されています。

POINT

  • スポーツを題材に正確でわかりやすい記事を執筆する
  • 専門知識と共に情報収集・分析能力が必要

個性や特技を活かした仕事がしたい一覧に戻る

PAGETOP