01-55.鍼灸師

人の役に立つ仕事がしたい

東洋医学では、人体に数百カ所の経けい穴けつ(ツボ)があり、ツボに鍼はりや灸きゅうで刺激を入れると、自然治癒力が引き出されて症状が改善すると考えられています。鍼灸師は、金属製の鍼や火をつけたもぐさを使ってツボを刺激し、治療を行います

鍼灸師のおもな治療対象である肩こり・腰痛・関節痛・冷え症の他に、アレルギー症状やストレス性の病気など、薬では治療が難しい症状に悩む人を治療することもあります。疲れを取ることやリラクゼーションを目的に治療を受ける人もいます。

鍼灸師の多くは鍼灸院で腕を磨き、独立開業を目指します。少数ながら病院で働く鍼灸師もいます。当然ながら、独立開業するためには高い技術力が必要です。1つの分野をコツコツと追究していける人が向いています。

鍼灸師になるためには国家資格が必要です。また、はり師ときゅう師が別々の資格になっています。鍼灸の専門学校(3年)か専門の大学(4年)で学び、はり師・きゅう師それぞれの国家試験に合格する必要があります。

POINT

  • 鍼ともぐさを用いて治療を行う
  • 独立開業する人が多い
  • 専門学校や大学で学び、国家試験に合格する

人の役に立つ仕事がしたい一覧に戻る

PAGETOP