01-65.フィトセラピスト

人の役に立つ仕事がしたい

「フィトセラピー」という療法を用いて体の不調の改善や病気の予防を行う仕事です。フィトセラピーとは、植物の成分が人体に及ぼす効果を健康療法に応用したもので、ハーブティー・アロマセラピー・入浴剤・湿布などとして活用されています。古くから世界各地の医学に植物が用いられてきたことから、実践的かつ普遍的な療法とされています。

フィトセラピストは、それぞれの植物の成分・効果・禁忌を理解したうえで、フィトセラピーを実践します。体の不調に悩む人から症状を聞き、一人ひとりの症状に合わせてハーブティー・アロマ・入浴剤・湿布などを作り、改善に役立ててもらいます。また、講座を開いて植物の成分・効果や植物を使ったハーブティー・アロマ・入浴剤・湿布などの作り方を人々に教えたりもします。

フィトセラピストには、日本フィトセラピー協会が認定している民間資格があります。まずは協会が認定している学校でフィトセラピーを学び、民間資格を取得しましょう。資格取得後は、自分で仕事を開拓していく必要があります。

POINT

  • 植物の力を健康療法に応用し、体の不調の改善や病気の予防を行う
  • 取得すると有利な資格・免許あり

人の役に立つ仕事がしたい一覧に戻る

PAGETOP