01-70.ストレスケアカウンセラー

人の役に立つ仕事がしたい

ストレスを抱えている人たちの相談に乗り、ストレスの原因となっている問題を解決する手助けを行う仕事です。ストレスの原因を探り、相談者がより快適に社会生活を送ることができるように丁寧なカウンセリングが必要です。

現代社会はストレスを抱えている人が多いといわれています。企業で多忙に働く人たちの間だけでなく、家庭や学校などが原因でストレスを抱えている人が増えているともいわれています。ストレスが原因でうつなどの症状に悩む人が増加しています。その一方で、病院の心療内科や精神科は受診をためらうケースが多く、診療を受ける患者数は多くないという現状があります。ストレスケアカウンセラーは、身近な存在として地域でストレスを抱える人たちのために活動することが期待されています。

ストレスケアカウンセラーになるためには、いくつかの団体が認定しているストレスケアカウンセラーの民間資格を取得するとよいでしょう。大学では精神保健やメンタルヘルスについて学んでおきましょう

POINT

  • ストレスを抱える人の相談に乗る
  • 病院の心療内科や精神科より身近な存在
  • 大学で精神保健やメンタルヘルスを学ぶとよい

人の役に立つ仕事がしたい一覧に戻る

PAGETOP