01-76.女将・仲居

人の役に立つ仕事がしたい

旅館で働く仕事です。女性の割合が圧倒的に多い仕事で、男性の場合は女お か将み ではなく主人や社長などと呼ばれます。

女将は、旅館の経営者として経営方針を立て、資金の出入りや財務状況をチェックします。また、旅館で働く仲居や料理人などのスタッフを統括する管理職でもあります。スタッフを教育するのも女将の仕事の1つです。旅館のスタッフが質の高い接客をできるように、女将が手本となって教育します。また、女将は、旅館の顔として広報活動にも重要な存在です。旅館経営は女将の手腕によって大きく左右されます。

仲居(なかい)は、旅館で接客をします。旅館に来た宿泊客を出迎え、部屋に案内し、旅館の設備やサービスを説明します。料理を運んだり、布団の上げ下げをするのも仲居です。「寒いので毛布が欲しい」など、宿泊客から要望があれば、迅速に対応します。旅館のイメージや満足度は、仲居の立ち居振る舞いによって大きく左右されます。

仲居になるためには、旅館に就職しましょう。女将になるためには、仲居として旅館の仕事の経験を積むことが必要です。

POINT

  • 女将は旅館の経営者
  • 仲居は旅館の接客係
  • 旅館に就職する

人の役に立つ仕事がしたい一覧に戻る

PAGETOP