01-81.ウェディングプランナー

人の役に立つ仕事がしたい

結婚式を挙げたり結婚披露宴を開く新郎新婦をサポートする仕事です。おもな職場は、結婚式場や結婚式場を併設しているホテルです。

まず、ウェディングプランナーは新郎新婦に結婚式場を案内しながら、二人が希望する結婚式と披露宴の雰囲気や挙式の日程・出席者の人数を確認します。また、二人の希望と予算を鑑みながら衣装やデコレーションなどの提案を行い、挙式の内容を新郎新婦と共に考えていきます。

ウェディングプランナーになるためには、結婚式場や結婚式場を併設しているホテルに就職しましょう。ウェディングプランナーになるために必要な知識を教える学校もあり、そのような学校を卒業することはウェディングプランナーとして結婚式場に就職する近道となるでしょう。学生時代に結婚式場でアルバイトをして経験を積みながらウェディングプランナーを目指す人もいます。また、ウェディングプランナーの民間資格を設けている団体もあります。資格を取得しておくと就職に有利でしょう。

POINT

  • 結婚式や結婚披露宴を行う新郎新婦をサポートする
  • 取得すると有利な資格・免許あり

人の役に立つ仕事がしたい一覧に戻る

PAGETOP