01-83.郵便局員

人の役に立つ仕事がしたい

郵便局で郵便物に関わる業務や銀行業務・生命保険業務を行う仕事です。かつては1つの窓口で全業務をこなしていましたが、郵政民営化後は分社化され、それぞれ別の窓口で業務にあたっています。郵便物に関わる業務では、おもに郵便物の受付・集配・配達、また切手の販売などを行います。銀行業務では、おもに「ゆうちょ銀行」の窓口業務・口座を持つ人の預貯金の管理・口座開設の勧誘・定期預金の契約促進・金利商品の開発及び販売を行います。生命保険業務では、おもに「かんぽ生命保険」の窓口業務・生命保険商品の販売・資産運用などを行います。

郵便局員になるためには日本郵政グループに就職しましょう。日本郵政グループは日本郵便・ゆうちょ銀行・かんぽ生命保険に会社が分かれていて、希望する職種に合わせてそれぞれの会社の採用に応募・就職します。就職後、大学・大学院卒業者は商品開発や営業などの総合職を担当し、短大・専門学校卒業者は窓口業務や営業業務などのカスタマーサービス業務を担当します。

POINT

  • 郵便物に関わる業務や銀行業務・生命保険業務を行う
  • 地域に密着した生活インフラとして重要な役割を担う
  • 日本郵政グループに就職する

人の役に立つ仕事がしたい一覧に戻る

PAGETOP